「朝食を早く」という理由でフルーツグラノーラを食べ始めて見たものの

実際は牛乳を入れるし、よく噛む必要があって結構時間がかかる。

 

バナナをかじって卵を食べて青汁を飲む方が断然早い。

 

まあそのバナナも食べ続けて飽きてしまったから、シリアルへ移ったわけですが

そのシリアルもそろそろ飽きてきたわけだ。

 

というわけで

4種類、新しいフルーツグラノーラを買ってみた。

通常のフルーツグラノーラも食べ続けると甘く感じてきたため

リッチテイストはちょっと甘そう。

 

それでも期間限定のトロピカルバージョンは美味しそう。

 

ノーマルのフルーツグラノーラも悪くはないのですが、中に入っているイチゴだけが酸っぱいくて苦手なのと

続けて食べると袋の底の方に同じ穀物が固まってしまい飽きちゃう。

小さめの袋で買えばよかったなぁ…とか思っています。

 

 

それではサッソク

 

 

まず味が落ちるであろう「糖質25%カットバージョン」を食してみる。

 

糖質カットをすると「糖質がない食物」にシフトするため、マズくなってしまうのは必然。

昔食べてオールブランが死ぬほどマズくて

なんでAmazonのレビューが良いのかちょっとわからない。

ポソポソで味がしない上に牛乳との相性が悪い。

今まで食べたシリアルで一番まずい。

 

ただし、食物繊維がたっぷりで便通は良くなるようである。

 

 

中身を皿にあけてみる。

ちょっと茶色くて嫌な予感がする。

あかんね。

 

 

 

 

 

 

う~ん、思ったよりは味は保っているけどポソポソの粉っぽい感じは残るしムリして食べるものではないかな。

うん、通常の方がよっぽど美味しい。

 

 

フルーツグラノーラのちょいレビュー

 

その2

その3

健康基準は変わるから気にしすぎも意味がない

今更かもしれませんが、まとめサイトに取り上げられていたのでちょっとお話ししましょう。

コレステロール・高血圧・塩分 嘘だらけだった日本の健康基準

 

食物関係はよくありますよね。

昔は「なす」は栄養が全くない食べ物だと思われていたし

コーヒーがガンに効くとかむしろガンになりやすくなるとか眉唾な話が出てきてしまう。

 

 

うちの母親は元栄養士で「卵は1日に1個まで。コレステロールを摂りすぎちゃうから」と言ってきましたが

今になっては全く問題がない事がわかっています。

 

 

しかし

 

 

悪玉コレステロールは体内で精製されるもので、食物から摂る分には何も問題がないことは知っていましたが

プリン体も同様にいくら摂っても問題ないとは知りませんでした。

 

 

 

「お酒だけじゃなくて納豆の食べすぎでも痛風になるよ」

 

という話を聞いて

 

「おお!」

 

と思っていたのに、まさかプリン体自体摂っても問題ないとはね。

「お…おお」だよ。

「健康法」は耳に入れるだけにした方が無難

果たして正しいのかどうかは時間が経ってみなければ分からないのが健康法の怖いところ。

 

 

昔書いた記事の「牛乳が体に悪いと思われていた嘘」でもそうだし

カロリーの高いものでも糖質を摂らなければ一切太らない「糖質制限という最も簡単なダイエット法」でも書いたし

この前書いた「寝る前にプロテインを飲んでも太るという話は嘘」でもそう。

 

 

噂されたりテレビで取り上げられた話に正しさなんてありません。

「~だそうだ」という伝聞のまた伝聞な話は信じない方が身のため。

 

だってその話

「その分野で研究を重ねた専門家」から聞いた話である可能性はほぼ0%じゃないですか。

 

 

私は非喫煙者なので、喫煙には賛同したくないのですが

「喫煙が阻害の矛先となっているが、タバコをスパスパ吸っていた世代の人が今バリバリ生きている」

という話があるぐらい、健康関係は本当に正解がわかりません。

 

 

健康関連の話は、正直「極端な事」をしなければ何をしてもいいと思う。

ちょっと面白かったのがコレ。

 

 

10年間菜食(マクロビオティック)ブログを書いていたベジタリアンが突然菜食をやめた理由wwwww(画像あり)

 

 

ベジタリアンを辞めた途端に体中からエネルギーが溢れ出しています笑

健康のためにベジタリアンになったのに、あれ?って感じ。

中でも面白かったのが「ベジタリアン歴が長い師匠ほど怒りっぽい人が多い」という話。

 

それ、絶対に良い方向に働いていないでしょう!

 

 

正直さ、ベジタリアンになって体調が良くなった人って

もともと偏食気味で、野菜を取り出してから健康が改善しただけであって

別にベジタリアンだから健康的なわけじゃないと思うんだ。

 

今回、ベジタリアンを辞めた人の調子が上がったことも

「肉食は健康に良い」というよりも「偏食で体調を崩していた」といったことでしょう。

 

炭水化物は人類を滅ぼすでも取り上げられていたけれども

体内酵素によって食べたものから作られる栄養素は変わってしまうので

みんな同じ食事を摂ったからと言って栄養素が同じに行きわたるわけではない。

 

 

草食動物が草だけ食べても筋肉質なのは、そういう消化器官を持っているからだし

高僧が青汁しか飲まなくても健康に生活できるのは、体内酵素がそう特化しているだけ。

 

一例をあげて真似をしても、決して健康になれるわけではないんですよ。

 

「海苔を消化できるのは日本人だけ」

って言うじゃないですか。

アメリカ人が海苔を食べても、いつになっても消化できるようにはならないわけで。

 

偏食はうちの叔母のように認知症の原因になりかねないので、絶対に辞めるべき!

 

 

 

健康に関する食事は

「体に良さそうなものを食べ続ける」よりも「体に悪いものを食べないこと」の方が大事だと思う。

体質(体内酵素)によって食物から生成される栄養素も変わるから、「色々なものを食べる」ことが一番だね。

 

 

 

ちなみに

 

 

 

1日2食で調子がいい人もいれば「断食」をしきりに勧めている人がいますけど

私はまだ試す気が起きません。

 

いや、食べることが大好きなんだから普通に食べることだけは許してよ。

楽しみの1つを減らしてまで生きたくないからね。

 

健康のために苦労が1つ増える分はOK。

健康のために楽しみが1つ減るのはNG。

 

【健康に関する関連記事】