はい、ダジャレ。

 

お体のお調子はいかがでしょうか。

 

かくいう私は、完全にダウンしていました。

そうはいっても、お腹を壊しただけですけど。

朝七時ぐらいに突然の腹痛。

そのまま寝てれば治るだろうと思ったら、更に大きくなる痛み。

腹はゴロゴロ鳴っていないし、ガスが溜まっているだけでは?と思ったのですが

一向に収まる気配がしなかったので、トイレへ直行。

 

個人的に腹痛のレベルは

 

 

おならが溜まっている状態>>>>下痢

 

 

ただお腹を壊しただけなら「う~、痛いなぁ」で済みますが

ガスが溜まっている状態は「内臓が溶けているんじゃないか?」と思える痛み(大げさ)

痛み的にはガスが溜まっている状態に近く、痛みも胃ではなく腸付近。

 

そんな違いがわかるの?と思われるかもしれませんが

「過敏性腸症候群」と診断されて何年も痛みと戦っていた私にはお手の物。

 

【過敏性腸症候群】

ストレスが原因とされ、病原体がないため治すのが大変。

当時は「過敏性胃腸炎」とも呼ばれていたと思います。

 

ただストレスでおなかの調子が悪くなる、と思うことなかれ。あの時は辛かった。

学校へ行く途中前触れもなく腹痛が現れ、トイレへ駆け込むもこの時間は並び多し。

並んでいる人が全員「切羽詰まっている」顔をしていましたからね。

私と同じように苦しんでいた方々でしょう。

 

専門学校時代は、2クラスで80人ぐらいいたのに何故か個室トイレが2つという待遇。

私同様にお腹が弱い人が4人ぐらいいたので、同じ人達でよくトイレに並んでいました。

 

本当にヤバかった時は

 

「先生…、腹ヤバいのでコンビニのトイレまで行ってきます…」

 

普通に考えて、授業中にコンビニに行くとかあり得ませんが

私の腹の状況を良く知っている先生は

 

「お、おう。おまえ、大丈夫か?」

 

と、快く送り出してくれたものです。

 

 

腹痛の原因が不明みたいなものなので、全く治る気配がしません。本当に地獄でした。

個人事業主で仕事を初めてから、ケロッと消えてしまいましたけどね。

 

 

そんなこんなで自分の胃や腸と戦ってきた私ですが

今回は久しぶりの襲来です。しかも程度が軽くないと来た。

 

前日は遅くまで起きていたので「ギリギリまで寝ていたい」と思っていたものの…

もはやそれどころではなかったです。

 

いきんでも10分以上何も起こらず、腹痛が増すだけだった時の絶望感は異常。

ガスすら出ない。ガスが出るだけで大分楽になると思っていたのに。

 

「何がなんでも死にたくない派」の私でしたが、あの時の心理状態は

「末期ガン」になったら安楽死を選んでしまったと思います。

風邪とかで超体調が悪い時は思ってしまいますよね。

「今なら死んでもいいや」なんて。結構ヒドイことを言っていると思いますが、本音です。

 

 

 

結局、お腹を壊していただけらしく

なんとかお腹のものを全部出して布団へダイブ。

 

感覚的には1時間トイレにいたつもりでしたけど、たった30分しかいませんでした。

 

朝方のトイレは本当に寒く、完全に体が冷えてしまったのが最悪。

結局その後、3度トイレへ戻るあたりなかなかの重症でしたが

食中毒などではなくてよかったです。熱はなかったから大丈夫なはず。

 

この時期、食中毒ならまだしもノロウイルスにでもかかったら大変。

小売としては、1年を通して一番の稼ぎ時。

 

「小売をやっていてこの時期に頑張らないのは意味がない」

 

と言い切れるぐらい、この時期は絶対に働くべきなのです。

毎月が12月なら、1年のうち半分以上休んでしまってもいいぐらいですよ。

 

 

今回は原因がサッパリ分からず、熱もないので風邪ですらありませんでした。

夜中に布団を蹴り飛ばしてお腹を壊しただけかもしれません。

それでも、3日以上偏頭痛が残ったのはちょっと意味わかりませんでしたけどね。

てか今も痛いし。

 

最近の私、カラダトテモヨワイ。

今年は5回も風邪ひいてしまいましたもの。

本当に体力が落ちてきたということを実感してきました。

 

昔はずっとマスクをしている人を見て

 

「大げさだなぁ。普通に生活していれば風邪なんて引かないでしょ」

 

と思っていたのに、今は外に出なくてもマスクをしている始末。

おかげで最初は痛かったマスクのゴムも、慣れてきました笑

 

20代中盤ぐらいで体を壊しやすくなりましたけど、30代に突入するともっとヒドクなる。

今若くて大丈夫だと思っていても、自分では信じられないくらい体を壊しまくりますよ。

 

例えば…

昔はスノボー旅行で寝る前に酒盛りをしていましたけど

去年の1月はみんなビールチューハイ1杯空けて静かなものでしたね。

騒ぎもせずみんな疲れている形。

今年は結婚やら出産やらで、旅行はお流れになるみたいです。

 

 

冬になったらとりあえず、とにかく体を温めよう。

これ、本当に大事。

 

小学生みたいに「体が冷えて風邪を引いた」とかではなく

「体が冷えて体調が悪くなった」が起こってしまうのが30代の人々。

しかも、小学生と違って体調が悪くても休めないのが大人の辛いところ。

普段から体をおろそかにすることなかれ。

 

血行も同じぐらい大事。

血行が悪いと内臓もやられるからね。

【関連記事】肩がこる、筋肉が硬くなるという現象の原因と大きな弊害について

 

 

【健康に関する関連記事】