いつからか、水は毎日多めに飲むようになりました。

定期的に購入しているものといえば、コレ。クリスタルガイザー48本セット。

81144071

楽天やヤフーショッピングで、家の在庫がなくなり次第購入しています。

 

昔は水代をケチって、ペットボトルを水筒代わりに水道水を入れていましたが…

送料を含めても1本当たり30円程度に収まるので

そこまでケチることはないと思い、今は買って飲んでいます。

水道水自体、飲んでいいものかどうか微妙なところですし。

 

そうそう、ちょっと前に嫁さんが妊娠している友人が

 

「嫁のために水を買いこまなきゃ」

 

と言って薬局まで車を出していたけど、薬局はそんなに安いものなのだろうか。

自分ならネットで買ってしまうけれども。

 

 

これでも自分は、昔から「飲み物」を買う機会がほとんどありませんでした。

元々学校でアルバイトが禁止されていたり、飲み物を満足に買うほど小遣いをもらっていたわけではないので

一番最初に省かれる対象となっていたからです。

というか「欲しいもの」以外の嗜好品は基本的に除外。

消耗品を買うなんて、そんな金銭的な余裕がなかったので。

 

 

「ジュース1本で120円?だったらお金を貯めてゲーム買うわ」

喉が渇いたら蛇口から水をすくってゴクゴク。

冷水器?

水道水なら一緒じゃい!

 

 

おかげさまでこの貧乏くさい気持ちは今でも抜けることなく

飲食店に行っても、コーヒー以外の飲み物を頼むのはまずありません。

コーヒーだけは別ですね。

その食事になくてはならないものだと思っていますから。

ケーキとかを食べる時にコーヒー、紅茶がないと満足度が大幅にダウンです。

 

 

水分を率先して取るようになったのは、ここ5年ぐらいだと思います。

ビジネス書を読んで「かの有名な経営者はこまめに水を飲むようにしている」と書いてあったので

 

「ふむふむ、水は沢山飲んだ方が調子がいいのか。よし、簡単だしやってみよう!」

 

と、飲み始めたことがキッカケ。たしかダイレクト出版の本。

 

他にも「水を飲むと代謝が良くなって痩せる」だとか「体の老廃物を流せて健康になる」という話はよく聞くので

今まで飲んでこなかった分「多少」ムリをしてでも飲んでいます。

1回1回量を飲むわけではありませんよ。

気がついたら一口水を飲むとか、定期的に水分を補給しています。

 

「現代人は常に水分が足りていない」

 

「喉が渇いてから飲むのではすでに遅い」

 

飲まないに越したことはない。

1日に2L程度の水分は必要だと言われており、食事などで摂取する分を抜くと

1日に1.6Lほどの水分補給は絶対に必要です。

 

ただ…、「水を沢山飲む方がいいよ」と言うと、必ずこう答える人がいるんですよね。

 

「水太りしちゃうから…」

 

結構「水太り」に関して誤った認識を持っている人がいるので、その点を今日は解決していきたいと思います。

水太りと肥満を同列に考える奴は出直してこい

割と強く言ったけれども、それすらごっちゃになっている人は思考回路がすでにヤバイ。

水太りを気にする人は、恐らく肥満を気にしていると思われるが

その違いすら分かってないのに肥満を気にする時点で、絶対に痩せれるタイプではない。

 

感覚的にしか物事を考えられていない。

1から健康について考え直すべし。

 

 

男で「水太り」はイメージつかないと思いますが、女性は結構多いみたいです。

女性は男性に比べて代謝が悪いですから。

 

似たイメージで「ビール腹」がありますけど、あれは水太りと全然違いますよ。

あっちは完全に脂肪での肥満。

水太りは体内に水が溜まっているだけの状態。

 

「水太りが怖くて水分を取らない」という行為は、むしろ逆効果です。

 

水太りというものは、体外に水を排出したくても代謝が悪くてできていない状態。

その状態で水分を取らないと、体が余計に水分を排出しないようになってしまうため

水太りの状態でこそ、水分はしっかり執らなければなりません。

「むくんでいる」状態です。

 

そのため、水太りの解決策は「代謝を上げる」以外の方法ないのです。

調べてみてください。

「代謝を上げよう」としか出てきませんから。

「塩分を摂りすぎない」なんて、当たり前のことだし。

塩分を摂りすぎると、体内の塩分濃度を保とうとして水が排出され辛くなります。

 

また、マッサージは一時的なものであって、根本治療にはなっていません。

 

 

ちなみに水太りを放置すると、体中の老廃物と脂肪がくっ付いてセルライトというものになって

脂肪燃焼の邪魔をするので太りやすくなってしまいます。

trouble_cellulite_1

「肥満になりやすい人は代謝が悪いから、水太りもしやすい」

 

だけではなく

 

「水太りした人は脂肪燃焼が上手くいかない」

 

状態になってしまう。

とにかく体の代謝を上げるべし。

 

「バランスのいい食事」

「適度な運動」

 

それが一番。

まあ、それが難しいのですけど。

 

ダイエットに「簡単な」ものは1つもありません。

付いた脂肪を落とすのって、本当に大変。

まだ1番簡単なことが糖質制限をするというぐらいですから。

糖質制限というダイエット以外でも効果が出るお手軽な手法

実際に飲んでいるつもりでも水分補給ができていない例

今回は「水を沢山飲もう」という話なので、水太りについてはここでおしまいにします。

実際に水分を取っているつもりでも、意外と取れていないものです。

 

 

コーヒーとかお茶は利尿作用があるので、水分補給としては役に立ちません。

当然、お酒もダメ。

500mlのペットボトルを、カフェイン抜きで3本。

缶飲料も1本250ml程度でしかないので、1日に6本飲む必要があります。

1日にペットボトルを3本あけるのって、結構大変です。

 

意外と飲んでいるつもりでも、足りていないのではないですか?

意識して飲まないと、1日の摂取量を満たすのは難しい。

 

当然、運動をしている場合や汗が出やすい環境はもっと必要になってきます。

年齢が高い人ほど、水をたくさん飲むことに対して抵抗があるかもしれません。

「水分をたくさん摂るべき」という考え方は最近のもの。

 

私が中学生ぐらいの時は、部活の時は水を飲まないのが普通でした。

当時の「根性論」ですよね。水を飲まないで精神を鍛えて強くなる。

今の若い子は信じられないと思いますけど、どこもその考え方だったのですよ。

 

実際に体の水分不足の弊害って、起こりやすいのにみんな気づきにくいです。

実は「水分不足」の症状が出ているのに、それが「水分不足」だと分かっていないからです。

 

 

例えば私、ゴルフへ行くたびに頭が痛くなるんですよ。

大体、前半のハーフを回り終わったころから頭がズキズキしてくる。

昼間にちょっと休憩が入るけれども、終わる頃には結構痛い。

 

ゴルフを始めた時期が春だったので、最初は熱中症だと思っていたんですけれども

いくら涼しくなっても頭痛が止まなかったんですよね…。

 

流石にこれは熱中症ではないと思ったので

 

「Oさん、ゴルフに来る度に頭が痛いんですよ。多分高山病だと思います」

 

「君は何を言っているんだ!?ここの標高がどれぐらいだと思ったいるんだい」

 

なんて馬鹿にされたりもして。

 

で、今年の夏。

結構な暑さであったし、ぬるいアクエリアスは飲みたくなかったので

パック状のアクエリアス(300ml)を6個凍らせて持っていきました。

SONY DSC

追加で水のペットボトルも1つ持って。

 

今思い出してみると、確かにその日は頭痛がなかったのです。

もしかして…?と思って、次回も大量のアクエリアスを持って行ってみると

2回目も頭痛ナシ!

まさかの水分不足。ゴルフってそんなに汗をかくスポーツじゃないんですけど

長時間やるとそれなりに水分が足りなくなってしまうんですね。

 

実際にゴルフの時に起こった症状は頭痛だけでしたが、水分不足を起こしてしまうと

 

・頭痛、吐き気やめまい

・便秘

・むくみ

・肌の乾燥

・イライラ(うつ病)

・手足の冷え

etc…

 

 

もう、何でもアリってぐらいの症状が出てしまいます。

ハッキリ言って、この症状が出ても水分不足が原因とは思えませんよね?

なんか調子悪いけど、もう年なのかなぁ…みたいな。

もしこれらの症状があれば(というか、ある人しかいないと思うけれども)

これから多めに水分補給をすることを、私はお勧めします。

 

 

ちなみに私は、寝る前に必ずコップ1杯の水を飲んできます。

それだけで脳梗塞や心筋梗塞になりにくくなり、熟睡もしやすくなります。

 

ただ、年齢が進んでしまうと「トイレが近くなるから」という理由で飲むのを拒む人も多いみたい。

うちの母親がソレ。

夜中にトイレへ行くのが辛いからと言って、寝る前に水はあまり飲まないようにしているのだと。

 

【健康に関する関連記事】