先日紹介してもらった「神整体師(厳密にはカイロプラクター)」に施術してもらってきました。

「神整体師」という紹介なので、期待度はかなり高め。

終わってみれば身長3cm伸びていた、ぐらいの衝撃が欲しいものです。

という冗談は置いておいて、早速実況レポートをしたいと思います。

道に迷ったという話は置いておいて、早速施術

着いたら予約時間をちょっとオーバーしていたので、さっさと上着を脱いでうつ伏せに。

体の状態を探っていた先生が

 

「いやぁ、これは酷い。これは辛かったでしょうね」

 

と一言。

 

「これは酷い」と言われたことは初めてなのでちょっとビックリしましたが

あくまでセールストークだと思い、聞き流し。

でもここ最近、本当に腰が痛くなってきていたのは確かです。

この前までは背中や首でしたが、ここ1週間ぐらい腰がヒドイ。

 

 

「頭痛は多くありませんでした?」

 

「胃腸は弱くありませんか?」

 

 

質問は続きます。

 

コールドリーディングかな?あくまでセールストークの前振りなのかな?

 

別にコールドリーディングされたところで問題はないので

自分が鼻炎持ちであること、学生時代からひたすら肩がこるようなことをしていたこと

そして、昔から胃腸が弱かったことなどを伝えました。

ついでに疑問点をちょくちょく質問。なんとなく、自分の体の状況が掴めてきました。

 

 

「頭痛が多くないですか?」

という質問に対して。

 

とにかく背中から首にかけてのコリがヒドイ。血流も悪いほか、頭を締め付けてしまう。

特に、広背筋が伸びきっている状態。

伸びきっていると、ほぐせないのです。

 

縮こまっている状態のコリは、揉むとほぐれますが

伸びきっている状態のコリは、下手に揉むと危険。

筋肉はゴムのようなものなので、伸びている状態で弄ると、千切れてしまいます。

 

 

「胃腸が弱くありませんか」

という質問に対して。

 

腰のハリが内臓を圧迫してしまい、肝臓や胃腸が上手く働いていないらしい。

しかも、血流も悪いから余計に仕事をしてくれない。

 

悪い部分をしっかり説明してもらった後、先生は必ずこの言葉を言います。

 

「でも大丈夫です。戻しますから」

 

その日、最低5回は聞くこととなる。

 

 

普通、整体だと

 

首→肩→肩甲骨→腰→骨盤

 

といった感じに、うつ伏せ状態で背面を重点的にやるのですが

私の場合はちょっと特殊。

 

背中の筋肉が伸びきっている状態なので、引っ張っている手前の部分をほぐす必要があったのだとか。

普段とは違って、ゴリゴリやられませんでした。

意外や意外、うつ伏せ状態の施術は20分ぐらいで終わってしまいます。

 

 

「別に力を入れなくても、筋肉はほぐれるんですよ」

 

 

なるほどね、確かにやわらかい。

けれども、その言葉と裏腹に骨盤当たりのゴリゴリはめっちゃ痛い。

 

「痛いですか?痛いと言ってもやめられませんけどね」

 

「…メッチャ痛いっス」

 

「これでも一番弱い力なんですよ。これ以上下げられません」

 

「あ、でも反対側はそうではないですね」

 

「同じ力ですよ。右の方が酷かったわけです」

 

 

が、ここで更に問題が発生。

我慢していましたが、流石に息苦しくなってきました。

 

 

 

「これって、皆さんどうやって息をしているんですか?この間のやつって動くんですかね」

 

普通、整体院ってうつ伏せになる時にこれを使います。

paper

真ん中の空洞から、息を吸う感じ。

これが1時間半とかやると、顔が潰れて痛くなる。

 

しかし今回は

image

このような形の物を使って、この顔を置く場所の隙間がゼロに近い。

何とか顔の位置をずらしましたが、鼻では呼吸ができないわ、シートが口に引っ付くわで流石に苦しくなってきました。

 

 

「あ、これが苦しいということは、お客さん呼吸が弱くなっているんですよ」

 

 

呼吸が…弱くなっているだと!?

これでも昔水泳をやっていたから、肺活量もそこそこあるはずなんだが。

 

 

話を聞いたところ、胸筋がろっ骨を押さえつけて呼吸をしづらくしているのだそうです。

空気を吸うと、ろっ骨が広がる。

それを胸筋が邪魔をしているから、全然息を吸い込むことができない。

 

さっきの「頭痛が多くないですか?」という質問も関連していて

呼吸が浅くなってしまうため、頭痛も起きるし睡眠も浅いし弊害しかありません。

 

実は私、高校の頃から「お前、胸筋凄いなぁ」とバンバン触られていたんですけど

どうやらそれは筋肉がすごいのではなくただ張っていただけみたいです。

確かに普通より張っていたから、シャツ選びとかちょっと困ったんですよね。

猫背に憧れたりもして。

 

 

「でも大丈夫です。戻しますから」

 

 

先生の名言キタコレ。

 

 

結局、私の体で悪さをしているのが足の付け根の筋肉(骨盤付近)胸筋らしいです。

この2つの筋肉が、自分の体を前へ前へ引っ張ってしまうため

背中の筋肉が常に伸びきったまま、張った状態になるから背中や肩に重みを感じます。

 

自分がスポーツで怪我をするとは思っても見ませんでしたが

どうやら背中部分の筋肉は気を付けた方が良かったみたいです。

最近よく痛めましたからね。

 

その日は胸筋付近と骨盤付近を重点的に攻められました。

とは言っても胸筋をマッサージされたところで、全く痛くはない。

くすぐったくて「ふへぇ」と声を出さないように我慢するのは大変でした。

 

 

その日、唯一怖かったのが首の位置を矯正された時ですね。

 

左右2回ずつ「ボキッ、ゴキッ」とやられたのですが

1回目やられた時に椅子に腕をぶつけたぐらいの痛みがあって、その余韻に浸っている間に2回目もゴキッ!

 

うへぇ、勘弁してよ…と思っているうちに反対側を「ボキゴキッ」ですから。

整体でやられた「ポキコキ」ではないです。

 

イメージとしては整体の時はストレッチ、この日は関節をハメ直す感じ。

その日、一生で一番ボキボキいっていました。

6カ所ぐらいやったのかな?

 

顎に関してだけは左にグキッ!

他の箇所は絶対左右ともやったのに、顎だけは左方向へしかやりませんでした。

というか、顎もズレるんだね。

 

 

続いて、先生は恐ろしい言葉を吐きます。

 

 

「それでは、頭蓋骨の歪みを治しますね」

 

 

(( ;゚Д゚))

 

 

首をボキボキされてちょっと怯んでいる私。

ちょっと臆しているの察しられたのか

 

「大丈夫です、痛くありませんから」

 

皮肉にも、これが一番安全?な施術でした。

後頭部をひたすらギューッと、押し付ける感じです。

 

小さい子は頭蓋骨が固まっていなくてズレる、という話はよく聞きますが

大人になってもズレることがあるとは知らなかった。

知らないだけで、やっぱり重要みたいですね。

 

【健療院グループ】

http://www.kenryouin-group.com/utu-jiritu/zugai.html

 

頭蓋骨がズレることによって、私の脳圧が高かったらしいです。

当然、脳圧が高いと頭痛も起きます。

施術前の私は目がちょっと飛び出ていて、下向きですごく見づらそうだと言っていましたw

 

もし今度私に会った人がいて、目がパッチリしているように見えたのなら

それはしっかり脳圧が下がったということでしょう。

これにて、施術は終了です。

 

 

 

「はい、終わりました。どうです、いつもと違うでしょう」

 

 

 

お…?

確かに肩が回るようになっている!

 

普段であれば絶対にこれ以上手が上がらない角度というものがあるのですが

そこをしっかり超えて腕が回るようになっています。

 

 

ちょっと面白かったのが、終わって立ち上がってみると…

何やら後ろに引っ張られる感覚がある??

 

 

「なんか、後ろに引っ張られる感覚がありますね」

 

「おっと、それはいけませんね。本当は前に重心が乗らなければいけないので。ではこちらへ」

 

もう一度席に着き、腰をバキッ!

オウフッ!

 

 

再度立ってみると、引っ張られる感覚が消えているじゃないか(;・∀・)

重心ってこんなに簡単に変わって、こんなに実感できるものなんですね。

 

劇的に体調が良くなった!というわけではありませんが

根本治療なので、しばらくすれば目に見えて効果が出てくるでしょう。

 

 

実際に、体の可動域は大きく広がりました。

自分って、どれだけ体が硬かったのだか。

 

 

追記:

紹介して欲しい!という方がいましたので

連絡先を載せておきます。

0428435347

 

場所は国立。

「ふじたの紹介」と言っていただければ、1時間の施術を1万円でお願いできます。

 

【健康に関する関連記事】