↓記事を追加しました。

【肩がこる、筋肉が硬くなるという現象の原因と大きな弊害について】

肩がこる、筋肉が硬くなるという現象の原因と大きな弊害について

 

イテテ…

毎週整体に行っていますが、今日はこっぴどく痛めつけられました。

images

最近Bランクの人が担当だったので、ほぼほぼマッサージだったのがちょっといけなかった。

おかげで肩がコリ気味。

 

そんな状態で久々にSランクの人に当たってしまっては本当に辛い。

体がバキバキで、まだ普通に「ツーン」という痛みが残っています。

 

最近やけに腰とか背中が痛くて、PCで作業するのがキツかったんですよ。

それでも整体に行って、当日は厳しくともPCに向かうだけで起きた嫌なハリが消えたのは大したものです。

来週もまた同じ人にやってもらわなければ。

 

 

「お客さん、初めてですか?かなりコリがヒドイですね」

 

「いや…、もう3年近く通っているんですけどね」

 

「ここ、痛いですか~?」

 

「…メッチャ痛いです」

 

「ここが慢性的なコリになっています。かなり酷いです。お客さん、どんな仕事をしているんですか?」

 

 

そりゃあね、昔から液晶画面とずっと睨めっこだったから慢性的にはナリマス。

今も継続して液晶画面と格闘だから、そりゃあコルとは思いますよ(決して仕事でコルとは言っていない)

 

 

「整体」って聞くと、年のいったおじいちゃんおばあちゃん

もしくは怪我をしたスポーツ選手が通うように思いますが

私の意見としては、全員が行った方がいいと思っているんですよ。

 

 

よく「おれ、そんなに肩こってないよ」という人がいますが

今の世の中、体が万全な人なんてまずいませんから。

 

そういう人は実際に整体に行くと「バキバキですね」と必ず言われてしまう。

俺は大丈夫と思っている人でも、実は「痛みに慣れている」だけであって

実際にコリが取れているわけではないから。

 

例え子供でもこってしまうこのご時世。

同じ姿勢でいれば大人子供構わず体はこる。

体の構造はみな同じ。

 

別に筋肉を使っていなくても、同じ姿勢をしているだけでもこってしまうんですよ。

私はちょっと信じられませんが、今では小学校低学年でさえもipadをプレイするのは当たり前。

テレビや漫画ならまだしも、ipadだと余計に同じ体制でいることが多くなります。

 

 

こういったこコリを「ストレッチ」「体操」で治そうとする人もいますけど

基本的にムリっす。

 

あれは「肩をこらないようにする予防策」の要因が強く

肩がコってしまったらそう簡単に治らないっス。

 

「整体に行ってもテレビで紹介されたお医者さんに通ってみてもダメで、この体操をしたら治りました!」

という人がいますが、比率で言えば当てはまらない人が大部分であるし

「テレビに紹介されたお医者さん」に行ってしまった時点で、まともな医者に当たらなかっただけの気もします。

 

だから「ストレッチ」や「体操」で治そうとするならさっさと「医者」「整体」に行くべし。

インフルエンザにかかった後で予防接種をしても、もう遅いっス。

 

ハッキリ言って、自分のパフォーマンスを考えていない人が多すぎる。

 

一定の給料をもらっている会社員の人は問題ないかもしれないが

 

自分の成果=収入

 

となる自営業系の人、もしくは納期があるクリエイターの人は

自分のコンディションが良くて、仕事が早く終わるに越したことはない。

 

私は「整体に行った方が絶対に仕事が捗る」から通っているわけで。

良い整体院の見分け方

すみません、これは分からないです。

私の場合は、最初から当たりの人に施術してもらうことができたので。

 

整体院の見分け方で資格を参照にする、という方法もあるみたいですが

http://www.seitai.in/

 

国家資格をお店に掲げていても、スタッフが上手いとは限らない。

 

「3年間の専門学校で、骨格・筋肉・神経についての知識や基礎的な医学知識も勉強をした」

 

証明であってもたかが3年、そもそも勉強と実務は違う。

 

私が今まで通っていた整体院は途中から別の整体院に吸収されてしまいました。

吸収されてから「柔道整復師」の資格証を掲げだしましたし。

 

「良い整体院の見分け方」なんて書き方をしているサイトは整体院が書いているものが多いので

正直、参考にするべきか微妙なところ。

「いい加減な店に行かない」という意味では参照にして、細かい部分は実際に通ってみないと分からないと思います。

 

プロが教える正しい整体院の選び方

http://www.sn-chiryo.com/howto/protch.html

 

よい治療院・整体院の見分け方

http://www.midorich.com/miwakekata.html

 

ちなみに、私が通っている整体院のスタッフは大半が韓国、中国の人です。

でも、日本人スタッフより明らかにうまい人が多いです。

良い整体師の見分け方

ここからは、完全に私の独断と偏見により解説させていただきます。

よく体をバキバキ言わされて「…あれ?体が軽くなった!」という表現がありますが

そんなバキバキ言わされるものではありません。

大部分は「痛いマッサージ」みたいなもの。

 

 

実際に整体に行っても「効果がなかった」という人は、ハズレを引いたのだと思います。

そもそも「当たり」の比率は結構低いから。

長い人ほど裏方(経営とか)に回ってしまうので、良い整体師に巡り合えるのは結構難しいです。

 

整体師の立場からしても、プレイヤーとしてひたすらマッサージするより経営に回った方が稼ぐのが楽。

マッサージは肉体労働なため、年齢的に長く続けることは難しいです。

 

私が通っている場所も入れ替わりが激しく、ハズレの時はどうしようもありません。

比較的色んな人を試してみた自分ですが、流石にハズレの時は次回別の人にしてもらいます

一番最初は誰でも体がガチガチで効果は出ますが、それ以上は上手い整体師じゃないとそれ以上の効果は見込めません。

 

お店によっては人を指定できる(その人の出勤日に時間を合わせる)ことができるので

自分の通院状況や時間帯でご相談ください。

 

上手い整体師の人ほど、知識量が多いです。

そして、普段説明しているためそこそこトークが上手。

 

「気持ちよくさせる」ことはまだしも「体の調子を整える」ためには必ず人体についての知識がないと効果が出ないため

知識量が豊富であることは、最低条件になると思います。

例えば「ツボ」に関してとっても

 

「ここのツボは~について効くんですよ」

という人は心配。

 

私が信頼している整体師さんは

「ここのツボが慢性的にコっていますね。ここのコルと血流が悪くなって、肩甲骨付近の○○という筋肉があるんですけど、そこが常に突っ張るようになってしまいます。突っ張ってしまうと…」

という説明の仕方をしていました。

正直話の内容はわからなかったですけど、しっかり人体の構造がわかっているからこそできる施術なのです。

 

 

よく「どこが調子悪いですか?」と事細かに聞いてくれることはいいことだと思いますよね。

怪我の場合はそうだと思いますが、よく聞く人は未熟な人の可能性大。

 

というのは、実際に私たちが感じる「痛み」の場所は、間違っていることが多いんですよ。

「首がコっているいるのに頭痛が感じる」といったように、悪い部分と痛みが必ず連動しているとは限らないからです。

上手い人だと自分が説明しなくても体の悪い部分を見つけてくれます

 

 

個人的には、整体師の腕は圧倒的に

 

女性>>>>男性

 

でした。

女性だとエステシャンの資格を持っていたり、結構勉強をしている方が多いです。

医療系では当たり前ですが、技術というのは日々進歩していくもの。

当然、勉強をし続けている人の方が正しい手法で取り組んでくれるため効果が高くなります。

 

指の力が強い人は結構信頼できましたね。

それだけ悪い部分を重点的にほぐしてくれる。

ダメな人は「わからないから適当に色んな所を押しているんじゃないかな?」と思うくらい

色んな場所を肘でゴリゴリしたりします。

 

ぶっちゃけ、コっている人ほど痛いのは当たり前。

「痛くしないで少し体が軽くなった」パターンよりは「メチャクチャ痛いけれども数回通ったら体が軽くなった」方が

いい整体師の可能性が高いです。

ここから、私の経験上の整体師をランク付けしていきたいと思います。

【Sランク】

「死ぬほど痛い」

初めて整体を受ける並に施術が痛い。

マジでピンポイントに痛い場所しか攻めてこない。握力がある。容赦ない。

涙が出ても仕方がないと思いう。

整体師の知識量が高いのも特徴。

 

「痛いと思うけれども、3,4回我慢すればすごくよくなるよ」

と、痛いの容赦なくゴリゴリやってくる。

その日は少し痛みが続く。けれどもしばらくすればかなり体の調子が良くなる。

体の調子のよくなり具合は一番高い。

 

 

体があまりコってなければ、「痛気持ちいい」場所をほぐしてくれるかもしれないが

慢性的にコっている私はとりあえず痛いだけ。

けれども「整体で体調を良くしたい」と思うのであれば間違いなくこの人にすべき。

【Aランク】

~が「凝っていますねぇ」という人が多い。

コっている場所を探すのは結構上手い。握力も強い。

ちゃんとコっている部分をマッサージしてくれるので「しっかり痛気持ちいい」

 

施術中に一番リラックスして寝れるのはこのレベルの人。

多分「凄く上手い整体師」と言われるのがこのレベルの人だと思う。

気持ち良くて、体調も良くなるからね。

【Bランク】

お金を払っても、まあ許せはするレベル。

よく「痛くないですか?」と聞いてくるのがこのランク。

それで強さを弱めるのであれば、整体ではなくマッサージに行けという話。

 

本当に調子が悪い箇所を「自分から説明しない」と見つけてもらえない。

握力がないのか、ワザと力を入れているか微妙な感じで。

 

整体初心者はこのレベルの人で「整体でもこんなものか」と思いがち。

個人的にはあまり効果が出ない。

 

握力はそこまで強くないので、ピンポイントでコっている場所を攻めることが少ない。

【Cランク】

「どこか痛い部分がないですか?」

「痛くないですか?」

としか聞いてこない。

 

握力がとにかくない。

肘でゴリゴリするならまだしも、手の平全体で体重をかけて押してきて

「俺はパン生地か何かか?」

と思ってしまうことも。

 

子供に踏んでもらった方がマシ。

 

1発で担当を変えてもらうレベル。

効かない、気持ちよくもない。

ハッキリ言って意味がない。

 

 

以上!

基本的に時間や場所に制約がなければ、Aランク以上の人を見つけよう。

Aランク以上の人なら、劇的に体調がよくなります。

 

 

ちなみに…

「1番最初にあんだけ痛くされたから、あの人は大丈夫。通い続けよう」と思うのは少し注意した方がいいです。

あれは整体師ならよくやる手。

 

「お客さん、これだけコっていたので通った方がいいですよ」

 

というために、ワザと痛くしている人もいます。

友人の整体師から聞いた本当の話。

 

【肩がこる、筋肉が硬くなるという現象の原因と大きな弊害について】

肩がこる、筋肉が硬くなるという現象の原因と大きな弊害について

【健康に関する関連記事】