以前、クーラーはこまめに切るよりも点けっぱなしの方が電気代がかからないお話をしましたけれども

頑なに理由を付けて、クーラーを点けたり消したりしている両親。

エアコンは1日中点けた方が安いと、両親を説得したのだが…

しかし、両親を根気よく説得した結果…

 

我が家で、ついにクーラーが点けっぱなしになりました!

images

 

 

 

 

 

てなれば良かったんですけどね。

私の実力では、到底説得はムリでした。

 

あ、でも現在はずっとクーラーが点いています。

何故両親の説得を失敗したのにも関わらず、クーラーが付いているのかというと

DSC_0013

お盆前で、姪がうちにやって来ました(´▽`)

 

8歳のお姉ちゃんは僕のことをちゃんと覚えていてニコニコしてくれますけど

4歳の子はには完全に忘れられてしまって、ずっといぶかしげな顔をされてしまっています。

ちょっと悲しい。

 

8歳の子も昔は私の顔を見るとすぐ泣いていて、むしろ4歳の子の方が笑ってくれたのですが。

流石にうちの両親であっても、孫が来たとなると対応が変わってきますか。

 

もちろん、クーラーが付くことは私も大賛成なので願ったりでしたが

その付けた理由については、どうしても眉をしかめてしまう。

 

「小さいし、熱中症になったりしたら、大変だからね。」

 

ごもっとも。ごもっともなんですけど

小学生時代に「冬は半袖短パン」で過ごさせて夏は扇風機のみ」で過ごさせた親の台詞??

流石にこの扱いの差、我が子ながらヒドイと思う笑

 

夏はよく熱中症にならなかったものだ。

確かに自分が子供の頃は、今に比べて気温が明らかに低い。

30度を越す熱帯夜は、ほとんどなかったと思います。

 

それでも鉄筋コンクリートの建物だと、外の気温+4度ぐらいにはなってしまうので

2016年現在の気温とほとんど変わりませんでした。

そんな中、クーラーを夜寝る前と来客時ぐらいにしか点けなかった親の所業は鬼畜。

 

うちの親、ケチる所が完全に間違っている。

まあ、昔のクーラーに限っては適度に点けて消した方が安くついたらしいのですが。

 

冬も半袖短パンって、体が丈夫でなければ間違いなく体調を崩していたよ。

「子供は風の子」と1番最初に言い出した人を、私は問い詰めたい。

 

「物事には限度がある」

ということを。

 

じいさん、ばあさんは「孫は特別」ということは全世界共通アマアマ。

流石にこの扱いの差はヒドイ(;・∀・)

 

あなたも困った両親を持ってしまったら「孫」をダシにすると、話がスムーズにいくと思いますよ。

 

そんな自分も今はお盆休み。

ちょっとブログを書くペースを落としたいと思います。

 

私だって、この猛暑は休みたいのですよ。